税設定で「部門の税設定を使用」を選択時のreduceTaxIdの返り値について

08/05編集されました カテゴリ: API共通

商品情報を取得する際に、税設定が「標準」か「軽減」かを判断するためにreduceTaxIdの値を取得したいと考えています。


例えば、商品の税設定を、「部門の税設定を使用」を選択し、部門の税設定が「標準」だった場合、nullを返し、軽減だった場合は「”10000001”」を返すと思います。この挙動理解は間違いないでしょうか?


上記を前提として話を進めたとして、下記の場合想定外の値が返却されます。


POS上で「商品A」の税設定を「部門の税設定を使用」を選択、部門名を「部門A」を選択し商品登録。「部門A」の税設定は「標準」。

登録後に、「部門A」の税設定を「標準」→「軽減」に変更した場合返り値が「null」のまま。

逆の場合もしかりで、商品登録時の「部門A」の税設定が「軽減」、商品登録後に「部門A」の税設定を「標準」に変更した場合は、返り値が「”10000001”」のままになっています。


こちらは、そういう仕様なのでしょうか?

それとも不具合でしょうか?可能であれば、現在の部門の税設定の値が、「reduceTaxId」として返ってきてほしいと考えています。


ご回答お願いいたします。

答え

  • @シルシ

    本件確認中です。

    恐れ入りますが、お待ちくださいませ。

  • 08/10編集されました

    @スマレジ 清谷

    かしこまりました!

    よろしくお願い致します!

  • @スマレジ 清谷

    お世話になってます。

    その後状況はいかがでしょうか?

  • @シルシ

    お待たせいたしました。

    部門の税設定を使用(標準)で登録されている商品に関して、部門の税設定を標準→軽減に変更した場合、「”10000001”」を返すのが正しい仕様です。(標準の場合はnull)


    しかし現状、商品取得APIにて情報を取ると、"reduceTaxId": nullのままとなり、

    商品登録時点での部門の軽減税率IDが取得されてしまいます。

    上記につきまして不具合との確認が取れ、修正予定ですが時期は未定となります。

    ご迷惑をおかけし、申し訳ございません。


    尚、商品一覧から該当商品をクリックして空更新を行い、

    そのあと商品取得APIにて情報を取ると、「”10000001”」が取得できます。

    不具合修正までは、商品情報を空更新して正しいreduceTaxIdを取得する方法をご検討ください。

  • @スマレジ 清谷

    ご連絡ありがとうございます。

    >不具合修正までは、商品情報を空更新して正しいreduceTaxIdを取得する方法をご検討ください。


    かしこまりました。

    早期に解決されることを期待しております。